ハンドピュレナ 手の甲の血管が目立つ

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体は、沢山の種類がありますが、ハンドピュレナ」には、ビタミンC誘導体である3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸が配合されています。

 

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸は、新型のビタミンC誘導体で水溶性と油溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体です。
水にも油にもなじみやすく、両浸透力が高い特徴があります。

 

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸は、「ビタミンC」に「グリセリン」を結合させた保湿性ビタミンC誘導体。

 

セラミド産生を促進する働きを持つビタミンC誘導体で、肌本来の力を高めます。
セラミドは外部刺激から肌を守り、水分を保持する大切な役割をしています。
3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸は、細胞内の抗酸化システムを活性化することで、皮膚のバリア機能に重要なセラミドの産生を促す、唯一のビタミンC誘導体ともいえます。

 

抗酸化作用とセラミド合成促進作用・肌のバリア機能向上効果があります。